参考文献

LibreOffice を使って参考文献リストを作成し,本文中に参考文献の番号を挿入することができます. また,参考文献リストを挿入することができます.

参考文献の番号を挿入する

参考文献データを作成し,本文中に参考文献の番号を挿入する方法を説明します.
  1. 本文中の参考文献を挿入したい場所で,マウスをクリックし,そこにカーソルを点滅させておく.
    文献番号を挿入する場所
  2. LibreOffice の「挿入」メニューから,「目次と索引(X)」の中の「参考文献項目(B)...」を選択.
    1. 「項目」のボタンから「ドキュメントから(B)」を選択し, 「新規作成(N)」のボタンを押す.
      1. 「参考文献項目の登録」ウインドウで,略称,タイプ,著者,タイトル,年,出版社などを記入する.
        本の情報を記入する
      2. 「OK」を押して,このウインドウを抜ける.
    2. 「挿入」ボタンを押すと,カーソルが点滅していた場所に,参考文献の番号が入る.
      参考文献の番号が挿入された
      この時点では,文献番号が入らずに,文献に付けた略称が表示されるかもしれないが,いまはそれで良い.
    3. さらに文献を挿入したい場所があれば,本文中の該当する箇所をクリックして, 「挿入」あるいは「新規作成」して「挿入」を繰り返せばよい.
    4. 作業が終わったら,「閉じる」ボタンを押して,「参考文献項目の挿入」ウインドウを抜ける.

文献リストを作成する

参考文献リストを作成する方法を説明します.
  1. 参考文献リストは,文書の一番最後に置くので,そこでクリックしカーソルを点滅させておく.
  2. LibreOffice の「挿入」メニューから,「目次と索引(X)」の中の「目次と索引または参考文献(I)...」を選択.
  3. 「目次と索引」タブの「種類とタイトル」の「種類」から「参考文献表」を選択.「タイトル」も「参考文献」と入力する.
  4. 「エントリの書式設定」の「項目に番号を付ける(N)」にチェックを入れ,「かっこ(B)」から [ ] を選ぶと良い.
  5. 「OK」ボタンを押すと,参考文献のリストが,カーソルのあった場所に挿入される.
    参考文献リストができた
参考文献リストは,画面では上図のように灰色の背景ですが,実際に印刷(したりPDFに)した場合には白の背景になっています.

編集と更新

参考文献の内容を編集したいときは,カーソルを本文のどこかに(クリックして)置いておいて, LibreOfficeのメニューから,「挿入」-->「目次と索引(X)」-->「参考文献項目(B)...」を選択. そして,「略称」のメニューから編集したい文献を選んで「編集」ボタンを押せばよい.

参考文献のリストを更新したい場合は,LibreOfficeのメニューから, 「ツール」-->「更新」-->「全て更新」を選択する.

デフォルトのままでは,「本」のデータのうち出版社が出力されていません. 参考文献の出力するべきデータを指定直す必要があります.

手順は,

  1. 参考文献リストのどこかをクリックして,カーソルを置いておく.
  2. LibreOffice の「挿入」メニューから,「目次と索引(X)」の中の「目次と索引または参考文献(I)...」を選択.
  3. 「目次と索引の挿入」ウインドウの「項目」タグを選択する.
  4. タイプから「本」を選択する.
    「構成」を確認すると, 略称:著者,タイトル,年 となっていて,出版社 が入っていません. 「タイトル」と「年」の間に「,」および「出版社」を入れる必要があります. そのために,以下の手順を踏みます.
  5. 「構成(S)」の欄の「タイトル」と「年」の間の枠でカーソルをクリックし,点滅させておく.
  6. 「構成(S)」の下,「挿入(I)」ボタンの左側,のメニューから「出版社」を選び,「挿入(I)」ボタンを押す.
  7. 「構成(S)」の欄の「タイトル」と「出版社」の間の空白に「,」を入力する.
    これで「構成」欄が,左から, 略称:著者,タイトル,出版社,年 となったはずです.
  8. 「OK」ボタンを押して,このウインドウを抜けると,参考文献欄の本のデータに 出版社 が表示されるでしょう.