相互参照の更新

相互参照の更新とは

相互参照(図や表のキャプションの番号や参考文献の番号を本文中に挿入すること)を 行なった後で,さまざまな編集を行うと,キャプションの番号に不都合が 生じる場合があります. たとえば,図の順番を入れ替えると図の番号が出現順ではなくすることがあります.

このような場合には,キャプションの番号を付け直し, 同時に本文中で参照している番号もそれに合わせて変えなければなりません. この作業をまとめて「相互参照を更新する」といいます. 以下,その手順を説明します.

LibreOfficeで図や表の相互参照を更新する方法

  1. LibreOfficeの「ツール」メニューから,「更新」の中の「全てを更新」を選択します.
  2. 番号が正しく更新され,相互参照の番号も正しく変更されたことを確認します.

LibreOfficeで参考文献の相互参照を更新する方法

上と同じ方法で更新できるかもしれません.

しかし,簡便な方法である「番号付きリスト」を使った方法では, 参考文献につけられた番号とその中身の結び付きが弱いので, 参考文献リストの編集の仕方によっては番号と中身の関係がずれてしまいます. このような場合には,上の「全てを更新」を行なっても,うまくいきません.

「全てを更新」でうまくいかない場合は, もう一度,相互参照をやり直してください.

参考文献データベースを作る方法 ではこのような不都合はなく,「全てを更新」でうまくいきます.