数式の入力

Writerの文書の中に数式を入れることができます.

二次方程式の解法の図

数式を入力するには

  1. Writerの「挿入」メニューから,「オブジェクト(O) -> 数式(F)...」を選んで入力します.
  2. その際,下図左の「要素」パレットが表示されていない場合は,
    要素パレット 要素メニュー
    Writerの「表示」メニューから「要素」を選んでください.上図右
  3. 要素パレットから必要な形式を選択し,<?>を数字や文字で置き換えると 数式が表示されます.
    注:前後の<や>ごと置き換えます. 例えば,<?>^{<?>}をx^{2}に置き換えるとxの2乗になります.

入力の方法をおぼえてしまった数式は,キーボードからそのまま打ち込むと良いでしょう. 要素パレットをいつまでも使う必要はありません.

一度挿入したい数式を編集したい時は,その数式をダブルクリックします.

たくさんの数式を入力するには

たくさんの数式を入力する場合は,ツールバーに「挿入」メニューを組み込んでしまうと便利です. 手順は,

  1. LibreOffice の「表示」メニューから「ツールバー (T) -> 挿入」を選択.
現れる「挿入」パレットの右側にある平方根のようなアイコンが「数式の挿入」ボタン.

ギリシャ文字の入力

ギリシャ文字を入力するには,数式入力時にウインドウの上部に並んでいるアイコンの右端の「記号...」ボタン(大文字のオメガ)をクリックしてください.
表示される記号パレットから表示したい文字を選んで,「挿入」ボタンを押すと挿入されます.
数式の中では「iギリシャ語」を使うと良いでしょう.

ギリシャ文字を入力するのに漢字を使ってはいけません.(たいていのギリシャ人は漢字を使いません.)

ギリシャ文字も入力の方法を覚えてしまったら,それをキーボードから直接入力すれば良いでしょう.

練習1

下図の文書を作成してください.

簡単な数式の例

練習2

上の「二次方程式の解法」を作成してください.