Wordの書式設定

MS Word で文書を書く際に, 以下のようにして書式設定を行います.

原稿を書く

まず,原稿を書きます. その際,本文以外に, タイトル,学部学科・学籍番号・名前,見出しなども, 改行で分けながら書いてしまいます.

日本語の文書では,段落の先頭は一文字分下げますが, この段階で一文字下げて書いても構いませんが, あとで書式設定で一文字下げられるのでこの段階では下げなくても構いません.

下図参照
原稿

書式を設定する

Wordの書式設定は,「ホーム」タブの「スタイル」から各要素(タイトル,見出し,本文など改行で分けられた部分)のスタイルを設定していきます.

下図はタイトルにカーソルを置いて,「標題」スタイルを適用しようとしているところ. (タイトルに置かれたカーソルは写っていない)
タイトルスタイルの適用

上の手順を完了すると,下図のように書式が設定される

ひととおり書式設定が終わった状態

上の状態では,各段落の先頭の一文字が下がっていません. 以下のようにして,「標準」スタイルを変更して一文字下げることにしましょう.

注:スタイルを更新せずに,原稿の段階やこの段階で,手で全角のスペースを入れても構わない.

書式を変更する

設定されたスタイルを変更することができます.

ここでは,「標準」スタイルを変更して,先頭の文字が一文字下がるように設定しましょう.

  1. 本文のどこかをクリックしカーソルを置きます.
  2. 「ホーム」タグの「スタイル」から「標準」を設定し右クリックします.
  3. 現れたメニューから「変更...」を選択します.
  4. 「スタイルの変更」ウインドウの下左の「書式」メニューから「段落...」を選びます.
  5. 「段落」ウインドウの「インデント」の右側,「最初の行:」を「字下げ」に, 「幅:」を「1字」に設定する.

そうすると,下図のように段落の頭が1文字下がります.
出来上がり

注:見出しの先頭に中黒(・)のようなものが見えていますが, 印刷時には現れません. 気になるようであれば,Word の「表示」メニューの 中の「段落記号」のチェックをはずせば OK (チェックのついている「段落記号」を選択すればチェックがはずれる)