画像の挿入

概要

画像を挿入するには,
  1. まず,プリアンブル(\documentclass{...} と \begin{document}の間)に
    		\usepackage{graphicx}
    と書いて,graphicx(グラフィックエックス)パッケージの使用を宣言します.
  2. 次に,画像を挿入したい場所で,
    		\includegraphics[オプション]{画像ファイルの名前}
    		
    と書いて,画像の挿入を指示します. オプションの書き方はこの後で説明します.

画像を中央に入れたい場合には,\begin{center} と \end{center} で囲って,

		\begin{center}
			\includegraphics[オプション]{画像ファイルの名前}
		\end{center}
とします.

追記:自分がそのコンピューターの管理者であれば,奥村晴彦氏の「LaTeX2e 美文書作成入門 改訂第5版」p114に従うと良い.UNIX を少し使えることが必要.

JPEG形式の画像の挿入

デジカメや携帯の写真の多くがJPEG(ジェーペグ)形式で保存されています. ここでは,JPEG形式の画像を TeX 文書に挿入する方法を学びます.
  1. 画像を準備して下さい: まずは,練習用に cat.jpg をダウンロードして使って下さい.
    リンクを右クリック(あるいはコントロールキーを押しながら左クリック)すると, メニューが出るので,そこから「ダウンロード」を選択してください. (あるいは,画像を表示しておいて,その絵をデスクトップにドラッグアンドドロップしてください)
  2. 準備した画像を作業フォルダーに置いて下さい: 画像は,TeX のソースと同じフォルダーの中に入れておいてください.
  3. 画像の元のサイズを調べて下さい:
    それを行う方法はいくつかありますが,以下に2つ上げておきます. どちらの方法でも結構です.

    画像を扱えるアプリケーションであればたいてい,画像のサイズについての情報を表示する事が出来るでしょう.

  4. 上で読み取った画像のサイズを使って,TeXのソースで,画像を挿入したいところに,
    	\includegraphics[width=5cm,bb=0 0 330 272]{cat.jpg}
    
    とします.

    ここで,

    練習

    画像のサイズ(上で読み取った二つの数値)と, TeX文書の中に表示するサイズ(width か height どちらかで指定する) の2種類のサイズがあるので注意して下さい.


まとめ

  1. ソースファイルのプリアンブル(\documentclass{...} と \begin{document} の間)に \usepackage{graphicx} と書いておく.
  2. 画像を準備します.画像のファイル名は,半角数字ローマ字で書きます.漢字カタカナひらがなは使えません.
  3. 画像をソースと同じフォルダーに入れます.
  4. 画像の大きさを調べます.(2つの数値)
  5. ソースの画像を入れたいところで, \includegraphics[width=6cm, bb=0 0 330 272]{cat.jpg} などと指定します. 「6cm」 のところは表示したい横幅, 「330」と「272」は,画像のサイズ, 「cat.jpg」は,画像の名前.

ソース:
画像を挿入する例:ソース

出力:
画像を挿入する例:PDF