講義項目メニュー

~TeX編~

 

TeXとは

TeX(テフ or テック)は数学者であるドナルド・クヌースが作成した組版用プログラム言語です。Java等に代表されるプログラム言語が手続き型言語と言われるように、TeXはhtml言語と同様なデータ記述型言語の一つとしてhtmlに近いマークアップ形式の言語である。

また正式にはロゴはとライン調整と、ギリシア文字(タウ・イプシロン・キー)を使って書きます。

TeXの特徴

TeXの特徴として以下のことがあげられます

演習の前に

自分の環境を用意しましょう、手順として

stuサーバーにtexフォルダを作る

作業をしてもらいます。Javaの時はstuサーバーに保存したソースはいったんデスクトップのJavaフォルダーにコピーしてから作業する必要がありましたがtexの場合はstuサーバーに置きっぱなしで作業ができます。よって自分の作業したファイルは必ずstuサーバーに置くようにしてください。

stuサーバーへの接続はこちら参照

家でTeXを使いたい場合

藤原先生のページを参照のこと。ほぼ全自動でセットアップができます。ただWinShellを用いる場合にはそのままでは日本語や日本語対応のTeX命令が使えないので若干の設定が必要です。知りたい場合はここを見ていただくか、山本まで直接聞きに来てください。

また、中間ファイル形式(DVI)を見るツールで埋め込んだjpegファイルをそのままみたい場合はsusieプラグインパッケージが必要になります(パッケージはlzhファイルなのでトップページに書いてあるツールが解凍に必要になります。)。